日本の国境に行こう!!

「日本の国境に行こう!!」プロジェクト 2017年7月27日(木)スタート!

「日本の国境に行こう!!」プロジェクト推進事務局は、平成29年4月の有人国境離島法の施行を契機として、有人国境離島地域を活性化するため、平成29年7月27日(木)より、「日本の国境に行こう!!」プロジェクトをスタートいたします。

四方を海に囲まれた島国日本には、北海道、本州、四国、九州、沖縄本島をはじめ、大小様々な島があります。周囲100m以上の 島だけでも約6,800島あり、小さなものまで入れると数万あると言われています。この中で、領海基線を有する島と一体の地域で、人々が暮らす島、「国境の島」では、本土でも見られない独自の文化・風習や、受け継がれてきた壮大な原風景、豊かな食文化が残されています。

また、平成29年4月に施行された、いわゆる有人国境離島法において、有人国境離島地域(29地域・148島)のうち、本土から遠隔の地に位置し、かつ、人口が著しく減少している地域を、特定有人国境離島地域(15地域・71島)と定めています。

本プロジェクトは、有人国境離島法元年である本年度、日本の「国境」が実は「離島」であり、「島国日本・海洋国家日本」の原風景が国境の島にあることを日本中に広く知っていただき、「国境に行こう、国境を食べよう、国境に学ぼう、国境に暮らそう」というムーブメントを起こしていくことを目指してまいります。

本日、特定有人国境離島地域の関係者が参加して「国境の島サミット」を開催し、特定有人国境離島地域の市町村長ほか、都道県の代表、内閣府総合海洋政策推進事務局長が発起人となって、「国境の島憲章」に合意、発効いたしました。「国境の島憲章」は、「日本の国境に行こう!!」というプロジェクトネーム、ロゴマークを定めるとともに、プロジェクトを推進するための理念及び行動規範等を定めた文書であり、国境の島に関係する行政、民間、団体それぞれの当事者が共通認識の下に国境の島々を価値化させるプロジェクトに主体的に取り組むための取り決めです。

国境の島の活性化を効果的に推進するため、内閣府では「特定有人国境離島地域プロジェクト推進アドバイザー」を設置 するとともに、アドバイザーは、「日本の国境に行こう!!」プロジェクトの一環として、国が実施する実証実験=シンボルプロジェクトの調整を行っており、今後、その取り組みについても戦略的に情報発信していきます。

具体的なシンボルプロジェクトとしては、知られざる魚介や農産物などの魅力を広める“一次産品の流通・販売網の構築・拡大”、知られざる観光体験の魅力を提案する“アイランドホッピング・ツアー”、本日公開する“「日本の国境に行こう!!」ホームページ”などを進めています。一般には知られていない国境の島の素材を商品化し、美味しい物を流通させるほか、訪れた人がもっと好きになるような旅行プランの開発などもサポートしていきます。

 

「日本の国境に行こう!!」プロジェクトは、国境の島の魅力を価値化してまいります。


 

<本件に関する問合せ先>

「日本の国境に行こう!!」プロジェクト推進事務局
広報担当:株式会社ノエル・コミュニケーション 後藤・鈴木・清水・杉田
TEL:03-3760-9690 / FAX:03-5408-8433 / Email:press@noelcom.co.jp

詳細資料はこちらより御覧ください。(PDF)

 

人気の記事