日本の国境に行こう!!

道遊の割戸(相川金銀山)

道遊の割戸(相川金銀山)

佐渡の相川金銀山は、江戸時代から1989年の操業停止まで、国内最大の金銀山として78トンの金と2,330トンの銀を算出しました。平成22年に世界遺産暫定リストに記載され、世界遺産登録を目指しています。写真の道遊の割戸は、江戸時代初期にその頂部が人の手で掘り進められた露頭掘で、佐渡金銀山の象徴となっています。

人気の記事