日本の国境に行こう!!

インギー地鶏

インギー地鶏

インギー地鶏とは、鹿児島県の天然記念物として認定を受けた”インギー鶏”の雄と掛け合わせた交配種。
飼育は南種子町だけでしか行われない、門外不出の鶏。
”インギー鶏”は、明治27年、暴風雨により種子島に座礁したイギリスの帆船ドラメルタン号に食糧用として船に積まれていた鶏がもととなっている。座礁した船の救援や乗組員の滞在時の”もてなし”のお礼に譲り受け、イギリス人をインギーと呼んでいたことに由来されています。

人気の記事