日本の国境に行こう!!

種子島開発総合センター 鉄砲館

種子島開発総合センター 鉄砲館

種子島のすべてがわかる総合博物館として昭和58年(1983年)にオープンした「種子島開発総合センター 鉄砲館」では、種子島の歴史や民俗、自然などに関する実物資料やジオラマ、写真などを紹介しています。
中でも、ポルトガル初伝銃や国産第1号銃をはじめ、国内外の古式銃約100点の展示は、種子島が1543年に鉄砲が伝来し、初の国産火縄銃製作に成功した地として歩んだ歴史を知ることができます。
なお、これにちなんで、館の外観は南蛮船がモチーフになっています。

人気の記事