日本の国境に行こう!!

屋久島のシンボル「縄文杉」

屋久島のシンボル「縄文杉」

1966年に発見された、日本最大、最長寿の杉(胸高周囲16.1m、推定樹齢3000年以上)。発見当初は大岩杉と呼ばれていました。「縄文杉」という名前の由来は、当時推定された樹齢が4,000年以上で縄文時代から生きていることから来たという説と、奔放にうねる幹の造形が縄文土器に似ているからという説があります。

人気の記事