日本の国境に行こう!!

あこう樹

あこう樹

あこう樹は、日本の西南地方に自生するくわ科の喬木です。奈良尾神社のあこう樹は、地上7mの所から根が二股に分かれ、あたかも人が両足を大きく開いて立っているような形をしています。神社へ繋がる参道をまたぐようにそびえ、天然の鳥居として親しまれています。この樹齢650年を超えるアコウ樹の下をくぐると長生きできると伝えられ、上五島のパワースポットにもなっています。幹周りが約12m、高さ約25mのあこう樹は、昭和36年(1961年)に国の天然記念物に指定され、平成2年(1990年)には「新・日本名木百選」にも選ばれました。

人気の記事