日本の国境に行こう!!

青砂ヶ浦天主堂

青砂ヶ浦天主堂

現在の青砂ヶ浦天主堂は、郷土出身の鉄川与助氏の手によるもので、すべてを自らが設計・施工した煉瓦造教会堂としては、旧野首教会堂(明治41年(1908))に続く2作目となる。明治43年(1910)に竣工。信徒たちは、海岸から小高い建設地まで、老若男女を問わず、煉瓦を背負って労働奉仕を行いました。外観、内観とも全体的に均整のとれた姿となっており、細部の意匠も優れており、ステンドグラスが美しい教会です。国指定重要文化財。

人気の記事