日本の国境に行こう!!

月読神社

月読神社

京都の月読神社は、487年壱岐の県主「忍見宿弥(おしみのすくね)」が壱岐から分霊したもので、これをきっかけに中央に神道が根づいたことから、壱岐の月読神社が「日本神道発祥の地」と云われている。

人気の記事