日本の国境に行こう!!

郷土芸能「皆一踊り」

郷土芸能「皆一踊り」

「皆一踊り」は、陰暦の8月15日に一宮神社に奉納される郷土芸能です。中央で数人が鼕をたたき、その周りを円のように囲んだ踊り手が扇を手に、鼕の音に合わせて謠いながら踊る素朴な神事です。元々風祈祷や雨乞いの神事として伝えられました。現在では仁夫地区のみで継承され、鼕打ちは若者、謠い手は年配により、今も受け継がれています。

人気の記事