日本の国境に行こう!!

精霊船流し

精霊船流し

町内の美田・浦郷地区に残る送り盆行事です。
今から100~150年ほど前に西ノ島では5~6人が乗れるような大型の精霊船を各地区毎に共同で造るようになったといわれています。竹や木を骨組みに、麦わらを船体にし、帆柱を立て、帆には色紙で作られた無数の盆旗を結びつけたその姿は素朴なものですが、人目を引きつける華麗さを持っています。
8月16日の早朝、供え物をのせた精霊船は盆歌とご詠歌に送られながら青い海を滑るように引かれていくその光景は、西ノ島の夏の風物詩として多くの人に親しまれています。

人気の記事